まさかね

IMG_20170617_152910

IMG_20170612_184152

IMG_20170617_112807

IMG_20170617_152709

#29

夢野久作ドグラ・マグラ」をついに読み終える。なんだかんだで一年近くかかってしまった…。最初から最後までひたすら色のない石を積み上げ続けるような感じでこのまま終わるのかと思ったら最後の最後で、一瞬の、一つのきっかけを合図にその積み上げたものを蹴散らしぶちまける急展開のカタルシス、それと結末で明かされる分かったような分からんような不思議論理による謎解きで今までにない奇妙な読後感があった。これはたしかに名作だった。

ところで文庫版の表紙がエロい感じなんだけど作中にはそんなシーンは一切出てこなかった。騙された。ていうかこれてっきり宇野亜喜良だと思い込んでたら違ってて、米倉斉加年(よねくらまさかね)という方の絵だった。名前読めねえっていうかどっかで見たことある名前だなと思ったらちょうどタイミングよく新宿紀伊國屋書店で展示をやってたのだった。

【新宿本店】 2017年6月15日~25日 4Fフォーラム『米倉斉加年 憂気世絵展』開催
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20170611134003.html

この絶妙なタイミングはなんなんだ…と思いつつ見に行ってきたらめっちゃよかった。色の使い方がすごくカラフルなんだけど上品にまとまってて美しかった。

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)

青空文庫でも全部読める。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/2093_28841.html

広告を非表示にする