読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

啓示、ザ

2016-04-11 20.11.38

#2

そういえば、結局ドグラ・マグラを読み終えることなく年を越してしまった。まさか新しい年にこの呪いの書を持ち込んでしまうとは思わなかったが、いや、これは一つの啓示かもしれない。今年は怪奇派として暗躍するのだ。沼の底からゲリラ戦だ。

#3

ザ・男の一人暮らし、という感じで部屋が荒廃していたのだが昨年末に例のこんまり大先生の本を読んですっかり影響され、ときめき教に入信したのであった。ということでこの前の三連休を使って本を片づけた。完全に本棚キャパオーバーのこいつらが荒廃の原因の一つなのは明らかだったので思い切ってたくさん処分した。売れそうなやつをピックアップしてブックオフまで 2 往復したところ 3,000 円くらいになった。特に小説なんかはだいたい一度読んだら読み返すことがほとんどないので、本当に好きな作品以外はばっさり手放した。だいぶすっきりしたけど、まだ次の山場、大量の CD という難所ステージが控えているのである。ときめく男の一人暮らし部屋への戦いは続く…。

ところで、こんまりさんの本、さらっと読むだけのつもりだったけど思いのほかおもしろかった。文章が丁寧で読みやすいし、ところどころに嫌味のない茶目っ気というか愛嬌もあって、読み物として単純に楽しい。ときめかないものは全部捨てろ!的なときめき原理主義な部分がキャッチーでクローズアップされがちだけど、何を捨てるかだけじゃなくて何を残すべきかについても同じくらい強調して語られてるし、個人的にすごく納得感があったのは、「捨てる作業が終わるまで収納のことは考えるな」ていうのと「すべての物の置き場所を完全に決めてしまう」というところで、すげえプラグマティックだと思った。そして、この人の場合、自分のやり方や心構えを変えさせるのではなく自分の中のニーズを引き出させて行動に変えさせるというやり方をとっていて、この本が自己啓発書だと言われる意味がわかった。なるほど全世界で売れるだけある。

広告を非表示にする