読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪

IMG_20170118_132525

IMG_20170118_132526

IMG_20170118_132530

IMG_20170118_132532

IMG_20170118_132535

IMG_20170118_132554

IMG_20170118_132559

IMG_20170118_132600

#5

2017 年の初風邪。初物は縁起がいいっていうから。

広告を非表示にする

寒波

IMG_20170118_173144

IMG_20170118_173602

IMG_20170118_173624

IMG_20170120_181248

#4

寒波が訪れる。冷たく強い風が通り過ぎ冬の夜道に残像が凍りついていく。夜空がクリアすぎて私は月に見つかってしまう。月はこちらを目で追いながらパキパキと冷ややかな翼を広げはじめる。足元が凍りつき身動きが取れなくなる。しまったと思う間もなく月は光線を放ち私の眉間を貫く。

広告を非表示にする

啓示、ザ

2016-04-11 20.11.38

#2

そういえば、結局ドグラ・マグラを読み終えることなく年を越してしまった。まさか新しい年にこの呪いの書を持ち込んでしまうとは思わなかったが、いや、これは一つの啓示かもしれない。今年は怪奇派として暗躍するのだ。沼の底からゲリラ戦だ。

#3

ザ・男の一人暮らし、という感じで部屋が荒廃していたのだが昨年末に例のこんまり大先生の本を読んですっかり影響され、ときめき教に入信したのであった。ということでこの前の三連休を使って本を片づけた。完全に本棚キャパオーバーのこいつらが荒廃の原因の一つなのは明らかだったので思い切ってたくさん処分した。売れそうなやつをピックアップしてブックオフまで 2 往復したところ 3,000 円くらいになった。特に小説なんかはだいたい一度読んだら読み返すことがほとんどないので、本当に好きな作品以外はばっさり手放した。だいぶすっきりしたけど、まだ次の山場、大量の CD という難所ステージが控えているのである。ときめく男の一人暮らし部屋への戦いは続く…。

ところで、こんまりさんの本、さらっと読むだけのつもりだったけど思いのほかおもしろかった。文章が丁寧で読みやすいし、ところどころに嫌味のない茶目っ気というか愛嬌もあって、読み物として単純に楽しい。ときめかないものは全部捨てろ!的なときめき原理主義な部分がキャッチーでクローズアップされがちだけど、何を捨てるかだけじゃなくて何を残すべきかについても同じくらい強調して語られてるし、個人的にすごく納得感があったのは、「捨てる作業が終わるまで収納のことは考えるな」ていうのと「すべての物の置き場所を完全に決めてしまう」というところで、すげえプラグマティックだと思った。そして、この人の場合、自分のやり方や心構えを変えさせるのではなく自分の中のニーズを引き出させて行動に変えさせるというやり方をとっていて、この本が自己啓発書だと言われる意味がわかった。なるほど全世界で売れるだけある。

広告を非表示にする

ポケットに茄子

IMG_20161219_162759

#1

初夢は、何人かで殺しあう感じの殺伐としたやつだったけど、舞台が森とか山の中とかそんな雰囲気だったのであれは富士山だったってことにしよう。そういえば、見えなかったけど上空では鷹が飛んでいた気がする。あと、ポケットに茄子が入ってたはず。

ちなみに昨年の初夢は「運命の人っぽい女性が現れるが生野菜だけで生活することを要求されて懊悩する」ていうやつだったけど、そういうエクストリームなミューズとの出会いは特にありませんでした。今年もよろしくお願いします。

広告を非表示にする

仕掛学

#8

最近読んだ本。

仕掛学

仕掛学

インターフェースデザインの話にラテラルシンキングとマーケティングのテイストをプラスした感じの内容を「仕掛け」っていう切り口でまとめてる。そういう意味ではそんなに新規性はないかもだけど事例がたくさん載ってるのでおもしろインターフェースのサンプル集として読める。あと、仕掛けの「トリガー」を物理的・心理的側面から細分化して体系化を試みてたりして、一つの汎用的なフレームワークとして確立させようともしてる。 いろんな方法論があるけどじゃあそれを実際の現実世界へどうやってつないでどんな風に落とし込んでいけばいいのかっていう部分はめんどくさがって誰も教えてくれないものなので、そこのヒントを得るにはいい本だと思う。

広告を非表示にする

瞬間

2016-04-16 16.52.59

2016-04-16 16.55.15

#7

細い路地を歩いていて何気なく見上げたら塀の上から猫が見下ろしてた、みたいな瞬間だけをつないで生きていけないだろうか。

広告を非表示にする

沼、振るタイプ

IMG_20160829_103643

IMG_20160914_102531

#5

夢野久作ドグラ・マグラを読んでいる。なんか延々続くチャカポコソングの章とか脳髄がどうたらいう論文の章とかがなかなかの沼で(実際みんなここで挫折するらしい)、そんな狂人の囁きにからめとられながら夏前から読み始めた上巻をようやく読み終えたところで 11 月の東京に初雪が降るのであった。

#6

だいぶ今さらですけれども 6 月で 40 歳になったのであった。子曰く、40 is 不惑、ということで私にはもう何一つ迷いなどないのである。振るタイプのポテトも躊躇なく振りまくるのである。

ちなみに同じ 6/23 生まれには織田信長アラン・チューリング芦田愛菜といった歴史的偉人が名を連ねており身の引き締まる思いであります。

広告を非表示にする